【完全無添加化粧品】おすすめブランドランキング | 毒性判定サイト

基礎化粧品の判定結果一覧

完全無添加化粧品おすすめランキング

よしと
化粧品成分専門家よしとです。このページでは、「無添加」を謳う基礎化粧品ブランドの毒性を調査し、完全な無添加判定を受けたブランドだけを紹介します。

『無添加』と記載があっても、複数の合成界面活性剤や鉱物油、防腐剤などを使っている化粧品がほとんどである事実を知っていますか?

 

「無添加化粧品を使っているのに、肌悩みが改善しない…」

 

このような悩みの背景には、偽の無添加化粧品を使っていることが関係しているかもしれません。

そこで当サイトでは、偽の無添加化粧品をしっかり見極めるために、全成分を専門家が調査しています

根拠のないランキングは一切ありません。

 

本当の無添加化粧品をお探しの方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

プロフィールアイコン

【化粧品専門家】よしと

専門である化学、生命科学の知識を活かし、無添加化粧品の毒性判定サイトを立ち上げました。化粧品成分の資格保持。

詳しいプロフィールはこちら

 

先にアイテムをチェックしたい方は、目次をクリックしてくださいね!

そもそも、無添加化粧品の定義とは?

➀無添加化粧品の真実

無添加という言葉、最近では当たり前のように耳にする言葉になりました。

でも、無添加」の定義って皆さんご存知ですか?

無添加と聞くと…

何となく体に良さそう、

肌への害が少なそう、などなど。

なんとなく漠然とした『肌に良さそう』というイメージを持っているだけの方が多いのではないでしょうか。

 

よしと
「無添加」とパッケージに書いてあるだけで、何だか安心感がありますよね。

 

実はこの「無添加」…

1つでも何かの成分を配合していなければ、無添加化粧品、と記載することができるのです。

 

以下は、とある無添加クレンジング商品の全成分表示です。

 

クレンジング全成分例

 

  • ミネラルオイル:石油由来の油剤
  • イソステアリン酸PEG-8グリセリル:合成界面活性剤
  • ジメチコン:合成ポリマー
  • カプリン酸グリセリル:合成界面活性剤
  • ラウリン酸ポリグリセリル-2:合成界面活性剤
  • EDTA-4Na:合成防腐剤
  • 変性アルコール:アルコール成分

 

石油由来成分や防腐剤、アルコール成分など…

全成分をチェックすると、無添加とは程遠い印象を受けますね。

 

このように、『無添加』と表示があっても石油由来の安価なオイルが主成分であり、石油系合成界面活性剤やアルコール成分、防腐剤を使用しているのが無添加化粧品の現実です。

つまり、「無添加」という言葉の定義は、あってないようなもの。

 

ここ最近で流行っている「オーガニック」も同様です。

全成分のうち、たった一つ有機栽培由来の成分を配合していれば、パッケージに「オーガニック」と記載できるのです。

 

中には、有機栽培由来の成分は一切配合しておらず、植物エキスを使用しているだけで商品名に「オーガニック」と付けているものもあります。

 

「無添加」「オーガニック」という言葉に踊らされず、きちんと中身を見極める必要がありますね

よしと
日本には、「無添加」や「オーガニック」という表記に関して明確な法的基準がありません。一方フランスやドイツなどオーガニック先進国は国家レベルで基準を監視しています。

”本当の” 無添加化粧品の選び方

”良い” 無添加化粧品ってどんなもの?

 

肌への刺激が少なく安全なものを。

肌トラブルのない、キレイな肌に。

そんな想いから無添加化粧品を選んでいたことでしょう。

でも、上でもお伝えしたように、「無添加」とは名ばかりな現実。

では、どうやって ”本当の” 無添加化粧品を選べば良いのでしょうか。

それこそが、このサイトの役割です。

 

当サイトでは本当の無添加化粧品を探すため、化粧品成分の専門家が以下の基準で全成分を徹底調査しました

毒性判定を受ける成分 毒性(の数)
1.石鹸系界面活性剤・天然界面活性剤 (1点)
2.合成界面活性剤 (1点)(2点)
3.合成ポリマー (1点)
4.紫外線吸収剤 (1点)
5.防腐剤、殺菌剤、酸化防止剤 (1点)
6.タール色素(染料) (1点)
7.合成香料 (1点)
8.精油 (0.5点)
9.その他毒性成分 (0.5点)▲▲▲(4点)

  • 石鹸系界面活性剤・天然界面活性剤に対して、合成界面活性剤の毒性点数を少し高く設定していますが、これは後者の方が肌への残留性が高いことが理由です。
  • 合成ポリマーについて、肌への刺激性はほとんどありませんが、肌への残留性を懸念して毒性判定を受ける成分対象にしています。

全成分をチェックしたら、の合計点を算出します。

の数の合計で、『完全無添加』・『無添加』・『ノー無添加』の判定を出します。

>毒性判定方法の詳細はこちら 

 

このページで紹介する無添加化粧品ブランドは、全ジャンル(クレンジング、洗顔、化粧水、保湿剤)において、『完全無添加』or『無添加』判定を受けたブランドのみを厳選し、毒性点数の少ないブランド順にランキングしています

 

本当の無添加化粧品をお探しの方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

注意

※「毒性成分」という強い言葉を使っていますが、肌への毒性が認められている成分という意味ではありません。

【完全無添加化粧品】おすすめブランド 悩むならこのブランド1択です

【完全無添加化粧品】おすすめブランドランキング3選

ここからは、全ジャンル(クレンジング、洗顔、化粧水、保湿剤)において『完全無添加』or『無添加』判定を受けた上記3つのブランドを、毒性点数が低い順にランキングしています。

 

当サイトで全成分調査をした無添加化粧品は、以下18ブランドです。

 

調査したクレンジングブランド一覧

  1. ワイエスラボ
  2. Natures for(ネイチャーズフォー)
  3. Supmile(サプミーレ) 
  4. パックスナチュロン 素肌レシピ
  5. WELEDA(ヴェレダ)
  6. LUSH(ラッシュ)
  7. do organic(ドゥーオーガニック)
  8. john masters organics(ジョンマスターオーガニック)
  9. RAFRA(ラフラ)
  10. Sinn Pureté(シンピュルテ)
  11. LOGONA(ロゴナ)
  12. HANA ORGANIC(ハナオーガニック)
  13. 牛乳石鹸 カウブランド
  14. HABA(ハーバー)
  15. ORBIS(オルビス)
  16. CHIFURE(ちふれ)
  17. FANCL(ファンケル)
  18. medel natural(メデル ナチュラル)

 

それでは早速、一番のオススメをみていきましょう!

 

第1位:ワイエスラボ 【唯一の全ジャンル完全無添加ブランド】

ワイエスラボ公式サイト

出典:ワイエスラボ公式サイト

お試しセットを見る【最安値】

ジャンル 毒性点数 評価 毒性判定の詳細
クレンジング ×0 【ワイエスラボ】クレンジングオイル | 毒性判定結果&口コミ
洗顔料 ×1 【ワイエスラボ】うるおい肌石鹸 | 毒性判定結果&口コミ
化粧水 ×0 【ワイエスラボ】モイスチャーローション | 毒性判定結果&口コミ
保湿剤 ×0 【ワイエスラボ】美容オイル | 毒性判定結果&口コミ

※S評価が最高です。S>A>B>Cの4段階で評価しています。

よしと
『ワイエスラボ』は、当サイトで調査した無添加化粧品の中で唯一、4ジャンルにおいて完全無添加判定を受けたブランドです。

皮膚科医が開発した、本当の無添加化粧品『ワイエスラボ』

ワイエスラボ公式サイト

出典:ワイエスラボ公式サイト

肌に悩み続けた現役の皮膚科医が開発した無添加化粧品、『ワイエスラボ』が第1位を獲得。

クレンジング、洗顔料、化粧水、保湿剤すべて、合成界面活性剤、合成ポリマー、シリコン、アルコール、防腐剤、旧指定成分、香料、着色料無添加となっています。

当サイトで調査した無添加化粧品の中で唯一、4つのジャンルすべてで『完全無添加判定』を受けました

どの商品も、とてもシンプルな成分内容となっており、肌への安全性は抜群です。

 

特におススメしたいのが、クレンジング。

高品質なスクワランオイル100%のみのクレンジングオイルは、肌のバリア機能を破壊することなく、冬場でも乾かない肌にしてくれます。

また、水を一滴も使っていない新感覚の化粧液も魅力のひとつ。

防腐剤を一切使用せずに製造された化粧液は、日本・アメリカ・シンガポールで特許を取得しています。

 

なお、『ワイエスラボ』は、2021年現在公式サイトでの販売のみとなっています。

スキンケアで悩んでいる方は、スキンケア基礎4点セットがあるので、1度試してみてはいかがでしょうか。

余分なものが入っていないので、失敗されたくない方にもオススメですよ。

お試しセットを見る【最安値】


続いて、私が成分調査した化粧品ブランド別判定結果一覧を紹介します。

ブランドとしては、先程ご紹介した、ワイエスラボが総合的に1番のオススメになります。


化粧品ブランド別 | 判定結果一覧

化粧品ブランド別 | 判定結果一覧

 

当サイトで調査した、無添加・オーガニック化粧品ブランドの毒性判定結果一覧表です。

このページで紹介している、完全無添加判定を受けた3つのブランドと比較してみてください。

表の数字は、毒性点数の合計値です。

化粧品の毒性判定基準はこちら

 

黄色が『完全無添加』と『無添加』判定、赤は『ノー無添加』判定となった商品です。

判定結果の詳細は、数字をクリックしてください。

 

【※毒性点数が0~1:完全無添加、2~5:無添加、6~:ノー無添加判定です。】

ブランド名

クレンジング

洗顔

化粧水

保湿

ワイエスラボ

0

1

0

0

umu(ウム)

1

0

0

マザーウッド

2

0

0

WELINA ORGANICS(ウェリナオーガニクス)

2

3

Natures for(ネイチャーズフォー) 

4

5

0

4

Supmile(サプミーレ)

4.5

4

5

1.5

パックスナチュロン 素肌レシピ

5.5

4

4.5

3.5

WELEDA(ヴェレダ)

13

3

5

LUSH(ラッシュ)

2

2

3.5

7

do organic(ドゥーオーガニック)

7.5

14.5

4.5

8

john masters organics(ジョンマスターオーガニック)

7

10

7.5

9.5

RAFRA(ラフラ)

7

10

Sinn Pureté(シンピュルテ)

10.5

4

14.5

12

LOGONA(ロゴナ)

12.5

3

6.5

HANA ORGANIC(ハナオーガニック)

15

5.5

10.5

10.5

牛乳石鹸 カウブランド

10

7

HABA(ハーバー)

9

16.5

5

ORBIS(オルビス)

19

11

8

CHIFURE(ちふれ)

9

10.5

7.5

12

FANCL(ファンケル)

12

20

6

13

medel natural(メデル ナチュラル)

16

12.5

7.5

11.5

\今の肌を変えたい方は/

肌が変わる!【プチ肌断食のススメ】

© 2021 無添加化粧品 | 毒性判定サイト Powered by AFFINGER5