WELEDA(ヴェレダ) ワイルドローズモイスチャーローション | 毒性判定結果&口コミ

化粧水の判定結果一覧

WELEDA(ヴェレダ) ワイルドローズモイスチャーローション | 毒性判定結果&口コミ

しのmama
化粧品成分専門家しのmamaです。このページでは、『WELEDA(ヴェレダ) ワイルドローズモイスチャーローション』の毒性判定結果の詳細を紹介します。

当サイトの毒性判定について

当サイトでは、本当の無添加化粧品を探すため、独自に定めた化粧品の毒性判定基準で全成分をチェックし、成分評価ランク及び、『完全無添加』・『無添加』・『ノー無添加』判定を出しています。

化粧品の毒性判定方法はこちら

WELEDA(ヴェレダ) ワイルドローズモイスチャーローションの毒性判定結果

全成分 毒性チェック結果

※成分表は横にスクロールできます

成分名 由来※ 配合目的 毒性
--- --- なし
グリセリン 植物油をけん化させて石けんや脂肪酸を作る際の副産物を、精製して得られる無色の粘性液体 保湿剤、変性剤 なし
トレハロース トウモロコシ、馬鈴薯、キャッサバから得られる糖類 香味料、保湿剤、細胞保護 なし
エタノール じゃがいもやとうもろこし 溶剤、可溶化剤、収れん剤 (1)
モスカータバラ葉エキス モスカータバラの葉から得られるエキス 保湿 なし
セダムプルプレウムエキス ムラサキベンケイソウから得られるエキス 保湿 なし
サンシキスミレエキス サンシキスミレのエキス 保湿 なし
香料 天然精油 単一香料又は調合香料 (1)
セイヨウシロヤナギ樹皮エキス セイヨウシロヤナギの樹皮のエキス 製品の品質保持 なし
シロキクラゲ多糖体 高級食材シロキクラゲから抽出した植物性多糖体 保湿 なし
クエン酸 柑橘類に含まれる有機化合物 キレ-ト剤、pH調整剤 なし
クエン酸Na 柑橘類の果汁から得られる有機酸であるクエン酸のナトリウム塩 緩衝剤、キレート剤 なし
アニス酸Na スターアニスもしくはバジル由来の成分 製品の品質保持 なし
ミリスチン酸ポリグリセリル-10 植物油(ヤシ油、パーム油等)由来の脂肪酸(ミリスチン酸)とグリセリンからなる成分 合成界面活性剤、乳化剤 (1)

※由来については、メーカーが非公開の場合のみ日本オーガニックコスメ協会の成分辞典を参考にしています。正確さについて可能な限り努力をしていますが、正確性を保証するものではありませんので予めご了承ください。

毒性判定結果

商品名 WELEDA(ヴェレダ) ワイルドローズ モイスチャーローション
毒性点数 ×3
判定結果 無添加判定
無添加成分 合成ポリマー、シリコン、鉱物油、旧指定成分、合成香料、着色料無添加
しのmama
肌への刺激が少ない合成界面活性剤が1種類のみで、安全性が高い化粧水です。

総合評価&口コミレビュー

毒性判定結果 無添加判定×3)
保湿力 肌なじみが良く、保湿力も高い化粧水です。
使用感 しっかりうるおうのに、ベタつき感も少なく使いやすい◎

※S評価が最高です。S>A>B>Cの4段階で評価しています。

天然精油の香りが心地よい、さっぱりとした化粧水

WELEDA(ヴェレダ) ワイルドローズモイスチャーローションスイスのオーガニック化粧品ブランド、WELEDA(ヴェレダ)。

独自の厳しい品質基準を持ち、原料となる植物はバイオダイナミック有機栽培という方法で育てられ、すべての製品が国際オーガニック認証基準を取得しています。

この『WELEDA(ヴェレダ) ワイルドローズモイスチャーローション』は、水とグリセリンをベースに保湿性の高い植物エキスをたっぷり配合した化粧水。

商品名になっているワイルドローズ(モスカータバラ葉)のエキスは、肌にうるおいを与えながら、水分・油分のバランスを整える働きがあります。

 

成分調査の結果は、毒性点数×3で『無添加判定』となりました。

安全性は高い化粧水です。

しっかりうるおうのに肌のベタつきも少なく、使用感は高評価でした◎

また香りは少々強めですが、自然なローズの香りなので心地よく、リラックスできますよ。

 

しのmama
使用している合成界面活性剤『ミリスチン酸ポリグリセリル-10』は、肌への刺激性が低く作用が穏やかな合成界面活性剤ですよ。

 

 

\毒性判定結果を見る/

全ジャンルで無添加判定になったブランド

© 2021 無添加化粧品 | 毒性判定サイト Powered by AFFINGER5