クレンジングの判定結果一覧

HANA ORGANIC(ハナオーガニック)ピュアリクレンジング | 判定結果

しのmama
化粧品成分専門家しのmamaです。このページでは、『HANA ORGANIC(ハナオーガニック)ピュアリクレンジング』の毒性判定結果の詳細を紹介します。

当サイトの毒性判定について

当サイトでは、本当の無添加化粧品を探すため、独自に定めた化粧品の毒性判定基準で全成分をチェックし、成分評価ランク及び、『完全無添加』・『無添加』・『ノー無添加』判定を出しています。

化粧品の毒性判定方法はこちら

HANA ORGANIC(ハナオーガニック)ピュアリクレンジングの毒性判定結果

created by Rinker
HANA ORGANIC
¥3,667 (2021/04/16 08:48:20時点 Amazon調べ-詳細)
ブランド名 HANA organic(ハナオーガニック)
商品名 ピュアリクレンジング
ジャンル クレンジング
毒性

の数)

×15
判定結果 ノー無添加判定
管理人メモ

全ての基礎化粧品が天然由来成分100%である「HANA organic(ハナオーガニック)」。

石油系合成界面活性剤、合成ポリマー、合成防腐剤を一切使用しないなど、独自の基準を定めています。

このピュアリクレンジングは、クリームタイプ。

バラやオレンジ、ラベンダー等の精油が配合されており、自然の甘い香りに癒されます。

植物成分の99%がオーガニック処方と原料にはこだわっているものの、合成界面活性剤にあたる成分が4種類使用されています。

合成界面活性剤の原料は石油系ではなく植物由来で、合成ポリマーや合成防腐剤、合成香料は無添加です。

 

全成分 毒性チェック結果

成分名 由来※ 配合目的 毒性
トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル 合成(ヤシ、パーム、菜種) 油剤、閉塞剤 なし
-- -- なし
オリーブ油 オリーブ果実から得られる脂肪油 油剤、閉塞剤 なし
グリセリン ヤシ、パーム、菜種 保湿剤、変性剤 なし
オレンジ果実水 オレンジの果実を水蒸気蒸留して得られる水 芳香水エキス、香料 (1)
オレイン酸ポリグリセリル-10 合成(ヤシ、パーム、菜種+石油) 合成界面活性剤、乳化剤 ▲▲(2)
ホホバ種子油 ホホバの種子から得られる脂肪油 油剤、閉塞剤 なし
アルガニアスピノサ核油 モロッコに自生する植物種子の核から得られる油 油剤、閉塞剤 なし
ヤシ油 ココヤシの種子より採取される油脂 油剤、閉塞剤 なし
ローヤルゼリーエキス ローヤルゼリーのエキス 保湿性 なし
アーチチョーク葉エキス アーチチョークの葉のエキス 保湿剤 なし
フユボダイジュ花エキス フユボダイジュの花のエキス 収れん性 なし
ダマスクバラ花油 ダマスクローズの花を水蒸気蒸留して得られる精油 香料、保湿 (0.5)
ニオイテンジクアオイ油 ニオイテンジクアオイの全草から得られる精油 香料、精油 (0.5)
ビターオレンジ花油 ビターオレンジの白い花から水蒸気蒸留で得られる精油 香料、精油 (0.5)
ラベンダー油 ラベンダーの花・花茎から採取される精油 香料、精油 (0.5)
オレンジ油 オレンジの食用に供する種類の果皮から得られる精油 香料、精油 (0.5)
キサンタンガム ブドウ糖など炭水化物を発酵させて得られる成分 天然ポリマー、乳化安定剤 なし
ベヘン酸グリセリル 合成(ヤシ、パーム、菜種他) 乳化剤 (1)
オクタステアリン酸ポリグリセリル-6 合成(ヤシ、パーム、菜種他) 合成界面活性剤、乳化剤 ▲▲(2)
カプリン酸ポリグリセリル-2 合成(ヤシ、パーム、菜種他) 合成界面活性剤、乳化剤 ▲▲(2)
カプリル酸グリセリル 合成(ヤシ、パーム、菜種他) 合成界面活性剤、乳化剤 ▲▲(2)
グリチルリチン酸2K カンゾウの根 消炎剤 (0.5)
エタノール サトウキビ 溶剤、可溶化剤、収れん剤 (1)
BG 合成(サトウキビ) 保湿剤、溶剤、粘度低下剤 (1)

※由来については、メーカーが非公開の場合のみ日本オーガニックコスメ協会の成分辞典を参考にしています。正確さについて可能な限り努力をしていますが、正確性を保証するものではありませんので予めご了承ください。

 

© 2021 無添加化粧品 | 毒性判定サイト Powered by AFFINGER5