【美肌塾 vol.02】スキンケアをしないことが美肌への近道

管理人の美肌塾

【美肌塾 vol.02】スキンケアをしないことが美肌への近道

しのmama
化粧品成分専門家しのmamaです!美肌塾第2回は、美肌を保つ正しいスキンケアについてお届けします。

あなたは、毎日どのようなスキンケアを行っていますか?

起床時に洗顔、化粧水、乳液…、

夜はクレンジングでメイクを落として、モコモコ泡で洗顔、化粧水、美容液、乳液、クリーム…

年齢とともに、「もっと念入りにスキンケアしなきゃ」と思っている方も多いでしょう。

でも、そのスキンケアって本当に肌に必要なことなのでしょうか?

肌にとって本当に必要なスキンケアって?

肌にとって本当に必要なスキンケアって?

肌にとって本当に大切なことは、

本来持っている肌のバリア機能が働き、肌の潤いを保つ(乾燥しない)こと。

これだけで良いのです。

肌は天然の保湿成分である皮脂を出して水分の蒸発を防ぎ、皮膚にいる常在菌や表皮が外からの刺激や細菌をブロックします。

これが『肌のバリア機能』です。

本来であれば、スキンケアなんてしなくとも綺麗な肌が保てるようになっているのです。

肌の構造や機能から言うと、スキンケアなんてしないのが一番!なのですが…

現実問題、メイクや日焼け止めをしている場合には、洗い落とさなければなりません。

では、本当に必要なスキンケアとは?

具体的にみてみましょう。

スキンケアは【クレンジング+保湿】だけでOK!

スキンケアはクレンジング+保湿だけでOK!

美しい肌を保つために、本当に必要なスキンケアは、たった2つ。

肌に必要なスキンケアは…

  1. クレンジング剤でメイク汚れを落とす
  2. 保湿剤(乳液やクリーム)でうるおす

ことです。

えっ、「洗顔は?!化粧水は?!」と思うでしょうが、

基本的に必要ありません

特に洗顔は、メイクを落とすクレンジング剤によって不要な汚れは取り去られているため、不要です。

むしろ、クレンジングの後に洗顔をすることで、必要な皮脂まで洗い流され、肌のバリア機能が壊れやすくなります

朝の洗顔については、コットンに乳液を出して顔の皮脂汚れを軽くふき取るか、サッと水洗いでOKです。

また、化粧水については、『化粧水を使った方が肌が落ち着く』『気持ちが良い』など、使用した方が心地良く感じるのであれば、使用しても構いません。

つけてもつけなくても、変わらないからです。

美容液も化粧水と同じく、美容成分が浸透して栄養を与えるわけではありませんので、基本的に不要です。

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

おススメ記事
【美肌塾vol.01】美容液は意味がない?!
【美肌塾vol.01】美容液は意味がない?!

  しのmama化粧品成分専門家しのmamaです!美肌塾第1回目は、美容液についての知識をお届けします。   皆さんが考える必要なスキンケアって、どんなものでしょうか? クレンジングに洗顔、化粧水、美 ...

続きを見る

それでは具体的に、私がたどり着いたスキンケア法を紹介しますね。

私がたどり着いたシンプルスキンケアのススメ

私がたどり着いたシンプルスキンケアのススメ

私自身、以前は高い化粧品をラインで揃えて、クレンジング→洗顔→化粧水→美容液→クリーム…

と、念入りにスキンケアをしていました。

しかし、

毎日スキンケアに長い時間をかけていたにも関わらず、顔の乾燥は酷く、冬場は皮がめくれ上がり、毛穴は遠くでも見えるくらいでした。

ちょっとした事ですぐに肌は赤くなって痒くなるし、いつもブツブツ、ザラザラの肌。

日光や電球の下で肌を見ては、ため息の日々・・鏡を見るのもイヤでした。

そんな重症な肌荒れに長年悩み続けた私ですが、それまでのスキンケアをやめたことで変わることができたんです。

具体的には、以下のようにスキンケア方法を変えました。

変えたスキンケア方法

  • 洗浄力・脱脂力の強いクレンジング剤をやめる
  • 洗顔料は使わない
  • とにかく肌を乾かさない

 

この3つです。

 

では、スキンケアの詳細をお話しますね。

(※使っている化粧品については、当サイトの無添加判定を受けたアイテムの中から、自分の肌に合うものを選択しています。)


まず、しっかりメイクをしている夜のスキンケアについて。

メイクを落とす夜のスキンケア

①当サイトの毒性判定で完全無添加判定となった『ワイエスラボのクレンジングオイル』を乾いた手に出し、アイメイクに優しくなじませます。

 

②オイルとメイク汚れがなじんだら、ティッシュを2~3枚重ねて優しく顔にあて、メイク汚れと油分を吸い取ります。

 

③当サイトの毒性判定で無添加判定となった『Supmile(サプミーレ)クレンジングミルク』を濡らしたコットンに適量取り、顔全体を優しくふき取ります。

 

これでクレンジングは完了です。洗顔の必要はありません。

>【完全無添加】クレンジングおすすめランキング

 

次は保湿です。


④当サイトの毒性判定で完全無添加判定となった『ワイエスラボの美容オイル』と『Supmile(サプミーレ) モイストヴェールクリーム』、『マザーウッド&ビーワックスクリーム』の3種類を肌の状態で使い分けて、肌を保湿しています。

 

基本的には、シワができやすい口元・目元に『ワイエスラボの美容オイル』を塗り、その後『Supmile(サプミーレ) モイストヴェールクリーム』か『マザーウッド&ビーワックスクリーム』を顔全体に塗っています。

 

しのmama
保湿として使用するアイテムはもちろん1種類でも構いません。ご自身の肌・年齢に合ったものをセレクトしてくださいね。

 

これで夜のスキンケアは完了です。

>【完全無添加】保湿剤おすすめランキング


次に、メイクをしていない朝のスキンケアは…

メイクをしていない朝のスキンケア

①夜のスキンケアで使用した『Supmile(サプミーレ)クレンジングミルク』を濡らしたコットンに適量とり、顔全体を軽くふき取ります。

※乾燥しやすい冬場は、水洗いのみで済ませます。

 

②朝の保湿はオイルを使用せずに(日光に当たって酸化しやすいので)、『Supmile(サプミーレ) モイストヴェールクリーム』か『マザーウッド&ビーワックスクリーム』を軽めに塗ってスキンケア完了です。

 


上記の方法に落ち着いてからは、冬場に顔の皮膚が粉をふくこともなくなり、乾燥しにくい強い肌になりました。

以前はちょっとした刺激でも肌に痒みがでて赤くなることも多々ありましたが、それも次第になくなっていきました。

毛穴目立ちも小さくなりましたし、どれだけ自分がスキンケアをやり過ぎることで肌を痛めつけていたのか実感しました。

 

冒頭でもお話しましたが、入念にスキンケアをしなければいけない!というのは化粧品メーカーの戦略です。

化粧品メーカーの思惑通り、あれこれスキンケアをしないと美肌になれない!

そう思っている方は、なぜこれが必要なのか?

立ち止まって考えてみてください。

 

あれこれスキンケアをするよりも、スキンケアをしないこと

これが美肌への近道です。

 

\毒性判定結果を見る/

全ジャンルで無添加判定になったブランド

© 2021 無添加化粧品 | 毒性判定サイト Powered by AFFINGER5