保湿剤の判定結果一覧

CHIFURE(ちふれ) 保湿クリームしっとりタイプ | 毒性判定結果&口コミ

よしと
化粧品成分専門家よしとです。このページでは、『CHIFURE(ちふれ) 保湿クリームしっとりタイプ』の毒性判定結果の詳細を紹介します。

当サイトの毒性判定について

当サイトでは、本当の無添加化粧品を探すため、独自に定めた化粧品の毒性判定基準で全成分をチェックし、成分評価ランク及び、『完全無添加』・『無添加』・『ノー無添加』判定を出しています。

化粧品の毒性判定方法はこちら

CHIFURE(ちふれ) 保湿クリームしっとりタイプの毒性判定結果

全成分 毒性チェック結果

CHIFURE(ちふれ) 保湿クリームしっとりタイプ 全成分一覧

成分名 由来※ 配合目的 毒性
-- -- なし
ミネラルオイル 合成(石油) 油剤、閉塞剤 (1)
ミリスチン酸ミリスチル ヤシ 油剤、閉塞剤 なし
ベヘニルアルコール アブラナの種子 油剤、乳化安定剤 なし
ジメチコン 合成(鉱物+石油) 合成ポリマ-、閉塞剤 (1)
ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル) 合成(石油+ヤシ+ダイズ+ナタネ) 油剤、抱水性 なし
トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル 合成(石油) 合成界面活性剤 (1)
トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2 合成(ヤシ+石油) 合成界面活性剤、乳化剤 (1)
トリエチルヘキサノイン --- 油剤、閉塞剤 なし
マカデミアナッツ油 マカダミアの種子 油剤、閉塞剤 なし
グリセリン ヤシ、パーム、又は合成 保湿剤、変性剤 なし
BG 合成(石油)、又は合成(植物) 保湿剤、溶剤、粘度低下剤 (1)
PEG-75 合成(石油) 合成ポリマー、結合剤 (1)
トレハロース 合成(植物) 保水剤、保湿剤、細胞保護 なし
ヒアルロン酸Na ニワトリのトサカ、大豆、又は乳酸球菌発酵 半合成ポリマー、保湿剤 なし
ステアリン酸グリセリル 合成(ヤシ+石油) 合成界面活性剤、乳化剤 (1)
ステアリン酸PEG-40 合成(ヤシ+石油) 合成界面活性剤、洗浄剤 (1)
メチルパラベン 合成(石油) 防腐剤 (1)
プロピルパラベン 合成(石油) 防腐剤 (1)
フェノキシエタノール 合成(石油) 防腐剤、溶剤 (1)
EDTA−2Na 合成(石油) キレート剤、殺菌防腐剤 (1)
キサンタンガム 多糖類 天然ポリマー、乳化安定剤 なし
アルギニン デンプン+無機物 皮膚コンディショニング剤、アミノ酸類、アルカリ剤 なし
トコフェロール ダイズ、小麦由来 酸化防止剤、防腐剤 なし

※由来については、メーカーが非公開の場合のみ日本オーガニックコスメ協会の成分辞典を参考にしています。正確さについて可能な限り努力をしていますが、正確性を保証するものではありませんので予めご了承ください。

毒性判定結果

商品名 CHIFURE(ちふれ) 保湿クリームしっとりタイプ
毒性点数 ×12
判定結果 ノー無添加判定
無添加成分 着色料・香料無添加
よしと
グリセリン、ミネラルオイルをベースにした濃厚な保湿クリームです。

総合評価&口コミレビュー

毒性判定結果 ノー無添加判定×12)
保湿力 グリセリンとミネラルオイルベースなので保湿力は高め。
使用感 高い保湿力でもベタつきの少ないクリームです。

※S評価が最高です。S>A>B>Cの4段階で評価しています。

高保湿力でもベタつきが少ない、使い勝手の良いクリームです◎

CHIFURE(ちふれ) 保湿クリームしっとりタイプ

シンプルな成分内容でかつ、低価格な化粧品を提供する『CHIFURE(ちふれ)化粧品』。

基礎化粧品からメイクアップ用品まで、1,000円以下でも機能性の高い商品が多くあります。

 

この『CHIFURE(ちふれ) 保湿クリームしっとりタイプ』は、グリセリンとミネラルオイル、ミリスチン酸ミリスチル、BGなど高保湿成分をベースにしたクリームです。

クリームの伸びも良く、塗った後のベタつき感も少ないため使い勝手の良い保湿剤ですよ。

プチプラで保湿性が高い商品をお探しの方におススメです。

 

毒性判定結果は、×12でノー無添加判定

石油由来の油剤がベースであること、また防腐剤や殺菌剤を使用していることからこの判定となりました。

\毒性判定結果を見る/

全ジャンルで無添加判定になったブランド

© 2021 無添加化粧品 | 毒性判定サイト Powered by AFFINGER5