無添加化粧品 毒性判定サイト

【ビオルガ】クレンジング | 判定結果

【ビオルガ】クレンジング | 判定結果

【ビオルガ】クレンジング

ボタン

 

 

毒性判定結果

ブランド名 ビオルガ(BIORGA)
商品名 ビオルガクレンジング
ジャンル クレンジング
毒性

の数)

×24
判定結果 ノー無添加判定
管理人メモ

ネット口コミを中心に販売数を伸ばし続ける「ビオルガ(BIORGA)クレンジング」。

 

2015年にモンドセレクションの銀賞を受賞した商品です。

 

ビオルガクレンジングは、濡れた手もOKのジェル状クレンジング。

 

洗浄力はとても強く、毛穴の汚れやウォータープルーフのメイクもスッキリと落ちます。

 

しかし、その洗浄力を実現するために合成界面活性剤や合成ポリマー、エタノールなどに当たる成分が多く使用されています。

 

7つの無添加の「紫外線吸収剤フリー」という記載については、日焼け止めではなくクレンジングですので配合されていなくて当たり前かと・・。

 

この全成分内容で「無添加」を全面に掲げるのは疑問が残ります。

 

【ビオルガ】クレンジング

 

全成分 毒性チェック結果

成分名 由来※ 配合目的 毒性
グリセリン ヤシまたは合成 保湿剤、変性剤 なし
プロパンジオール 合成(石油) 粘度調整剤 なし
ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル 合成(ヤシ+植物) 合成界面活性剤、乳化剤 ●●●
DPG 合成(石油) 溶剤、粘度低下剤、香料
-- -- なし
(アクリル酸アルキル/メタクリル酸ステアレス-20)コポリマー 合成(石油) 親水性増粘剤、合成ポリマー、分散剤 ●●
ラベンダー油 ラベンダーから得られる精油 香料、精油 なし
水酸化K 無機物 pH調整剤、アルカリ剤 なし
BG 合成(石油)or合成(植物) 保湿剤、溶剤、粘度低下剤
シルク カイコガの繭 皮膚コンディショニング剤、保湿剤 なし
トレハロース 合成(植物) 保水剤、保湿剤、細胞保護 なし
ヒアルロン酸Na ニワトリのトサカまたは大豆 半合成ポリマー、保湿剤 なし
エタノール 糖やデンプンの発酵、又は合成(石油) 溶剤、可溶化剤、収れん剤
スクワラン オリーブの果実、又はサメの肝臓、又は合成(石油) 油剤、エモリエント剤 なし
トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル 合成(ヤシ) 油剤、閉塞剤 なし
トコフェリルリン酸Na 植物油から得られるビタミンEに親水基を結合させて水溶性の性質を付加したもの 合成界面活性剤、乳化剤 ●●●
ユビキノン 合成(石油) 酸化防止剤 なし
カンゾウ根エキス カンゾウの根および茎根 酸化防止剤、抗炎性
ベヘニルアルコール アブラナの種子 油剤、乳化安定剤 なし
ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10 合成(ヤシ+石油) 合成界面活性剤、乳化剤 ●●●
ヘマトコッカスプルビアリスエキス 緑藻類の一種のエキス 保湿 なし
シャクヤク根エキス シャクヤクの根のエキス 保湿性、消炎性 なし
トコフェロール 植物油 酸化防止剤、防腐 なし
アスコルビン酸Na 合成または果実類 酸化防止剤、防腐 なし
トウキ根エキス トウキの根のエキス 保湿、抗炎作用、美白、皮膚コンディショニング剤 なし
ローヤルゼリーエキス ローヤルゼリーのエキス 保湿性 なし
アセロラ果実エキス アセロラ(キントラノオ科の植物)の果実 保湿性、酸化防止剤 なし
オタネニンジン根エキス オタネニンジンの根のエキス 保湿性、血行促進性 なし
ステアロイル乳酸Na ヤシ+デンプン、又はヤシ+石油 合成界面活性剤、乳化剤 ●●●
加水分解エラスチン 魚類の皮または動物の項靭帯 保湿剤、乳化作用 ●●
キハダ樹皮エキス キハダ樹皮のエキス 保湿性、消炎性 なし
ドクダミエキス ドクダミのエキス 保湿性、抗炎性、収れん性 なし
ローマカミツレ花エキス ローマカミツレの花のエキス 芳香性エキス なし
マグワ根皮エキス マグワの根皮のエキス 保湿性、消炎性、育毛性 なし
水溶性コラーゲン 界面活性剤、乳化剤 ●●
トコフェロール 植物油 酸化防止剤、防腐 なし
テンニンカ果実エキス テンニンカ果実のエキス 保湿 なし
アスタキサンチン 甲殻類(オキアミ)から得られるカロチノイド系色素 皮膚コンディショニング剤、天然色素 なし
レチノール ビタミンA ビタミン類、上皮形成作用 なし
イソステアリン酸フィトステリル ヤシ+大豆 油剤、閉塞剤 なし
カッコンエキス クズの根 保湿 なし
ハトムギ種子エキス ハトムギの種子のエキス 保湿、消炎作用 なし
セラミド3 デンプンまたは繭 油剤 なし
セラミド6II デンプンまたは繭 油剤 なし
セラミド2 小麦/牛、豚、羊/合成成分 油剤 なし
アーチチョーク葉エキス アーチチョーク葉のエキス 保湿剤 なし
ペンチレングリコール 合成(石油) 溶剤、殺菌剤、感触改良剤
フェノキシエタノール 合成(石油) 防腐剤、溶剤、高沸点溶剤

※由来については、メーカーが非公開の場合のみ日本オーガニックコスメ協会の成分辞典を参考にしています。正確さについて可能な限り努力をしていますが、正確性を保証するものではありませんので予めご了承ください。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページ 毒性判定の方法 毒性判定結果 毒性成分について 管理人の美肌塾