無添加化粧品 毒性判定サイト

Bクレンジング選びは慎重に | 無添加化粧品 毒性判定サイト

Bクレンジング選びは慎重に

 

クレンジング,注意

 

基礎化粧品の中で、最も肌に影響を及ぼすもの。

 

それは、メイクを落とすためのクレンジングです。

 

特に、今流行りの「濡れた手でも使えるオイルクレンジング」は要注意。

 

 

その理由は、肌そのものまで溶かしてしまうほど強力な合成界面活性剤が、他の化粧品より多く使用されているからです。

 

 

 

肌を溶かし続けるクレンジング

 

濡れた手でも使えるオイルクレンジングには、多量の合成界面活性剤が使われています

 

合成界面活性剤とは、本来混ざり合わない水と油を混ぜ合わせ、強力な洗浄力を持つ合成成分のこと。

 

濡れた手でもオイルが馴染むためには、合成界面活性剤の使用量を多くしなければなりません。

 

 

つまり、その分洗浄力も増すわけです。

 

 

「Aすべての肌トラブルの根本原因とは」でもお話しましたが、合成界面活性剤をミミズにかけると溶けてしまいます。

 

それは、合成界面活性剤がタンパク質を溶かすからです。

 

 

 

 

では、タンパク質でできている私たちの肌。

 

毎日オイルクレンジングでメイクを落としていたら、どうなるでしょうか?

 

もちろん、肌は徐々に溶けて薄くなっていきます。

 

そして、バリア機能までも破壊されていき、常に水分が蒸発する状態になってしまいます。

 

クレンジング,注意

 

しかも。

 

合成界面活性剤は水で洗い流しても残留しやすく、肌に残ったまま効力を発揮し続けるのです。

 

オイルクレンジングをした後、顔をふいてしばらくするとどうなりますか?

 

肌がつっぱってきませんか?

 

乾燥しませんか?

 

 

 

オイルクレンジングを続けることで、確実に肌は乾燥し、老化していきます。

 

確かに濡れた手でも使えて、こすらずに水でサッと落ちるのは便利です。

 

 

しかし、よく考えてみてください。

 

オイルなのに、どうして水に馴染んでサッと落ちるのでしょうか?

 

 

理由は明白です。

 

合成界面活性剤をたくさん使用しているからです。

 

逆に合成界面活性剤をたくさん使用しないと、水に馴染むことなんてあり得ません。

 

 

 

では、どんなクレンジングを選べば良いのかと言うと・・

 

合成成分が少ない「乳液やクリームタイプ」のクレンジングです。

 

このタイプのクレンジングはコットンに乗せてメイクをふき取るため、濡れた手でも使えるオイルクレンジングに比べれば多少の手間はかかります。

 

しかし、圧倒的に合成界面活性剤の使用量が少なくて済むのです。

 

(※使用するクレンジングについては、当サイトの無添加化粧品の毒性判定をご参照ください。)

 

 

コットンでメイクをふき取るなんてほんの5分程度のこと。

 

このひと手間をかけるか否かで、あなたの肌の運命が変わるのです。

 

C一年後の肌を確実に変える方法

 

 


 

無添加化粧品 | 毒性判定結果


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページ 毒性判定の方法 毒性判定結果 毒性成分について 管理人の美肌塾