無添加化粧品 毒性判定サイト

@化粧水、美容液は意味がない | 無添加化粧品 毒性判定サイト

@化粧水、美容液は意味がない

 

化粧水,美容液,意味ない,不要

 

皆さんが考える必要なスキンケアって、どんなものでしょうか?

 

クレンジング→洗顔→化粧水→美容液→保湿・・

 

スキンケアは、やればやるほどキレイになる!

 

そう思っている方が多いことでしょう。

 

はっきり言います。

 

 

その考えは、間違っています

 

 

「洗顔後の肌には、すぐに化粧水や美容液で栄養を浸透させましょう」

 

なんて大うそ。

 

より多くの化粧品を消費者に買わせるためのメーカーの戦略です。

 

それは、肌の構造を知ればわかります。

 

 

 

肌表面に何を付けても浸透しない

 

「化粧水が肌にスーッと浸透!」

 

などと言う化粧品のCMをよく目にします。

 

その時によく見て欲しい箇所があります。

 

「浸透」の文字の横に必ず「」マークがあること。

 

ご存知でしたか?

 

 

そして、テレビの端っこに見えるか見えないかくらいの大きさで、「※角質層まで」と書いてあります。

 

これは化粧品あるあるなのですが、化粧品のCMでもチラシでも、必ず浸透の横に「※」マークがあるんです。

 

その理由は、化粧品が角質層より下に浸透するという表記は、薬事法で禁止されているのです。

 

 

つまり、化粧水や美容液は角質層までしか浸透しない

 

ということ。

 

 

では、角質層って一体どの部分なのでしょうか。

 

化粧水,美容液,意味ない,不要

 

角質層は肌の最も上の部分である表皮の一番上にあり、薄さ約0.02ミリ、ラップ1枚分ほどの厚さの層です。

 

この角質層は、いわば死んだ細胞の集まりで、ターンオーバーによって肌が生まれ変わる時に剥がれ落ちる部分です。

 

 

そして、化粧水や美容液の成分は、ほとんどが水。

 

この角質層にいくら水分を入れたところで、肌への栄養が補給されるわけでもありませんし、意味がないのです。

 

 

 

美容液においても然りです。

 

どんなに高価な成分を配合していようとも、肝心な角質層より下に浸透するわけもなく・・

 

ただ死んだ細胞の集まりである角質層がふやけるだけなのです。

 

では、肌にとって本当に必要なスキンケアとは?

 

具体的に見ていきましょう。

 

Aスキンケアをしないことが美肌への近道

 

 


 

無添加化粧品 | 毒性判定結果


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページ 毒性判定の方法 毒性判定結果 毒性成分について 管理人の美肌塾