無添加化粧品 毒性判定サイト

@無添加化粧品の真実 | 無添加化粧品 毒性判定サイト

@無添加化粧品の真実

無添加化粧品,無添加,化粧品,定義,意味

 

無添加」という言葉、近年では当たり前のように耳にする言葉になりました。

 

でも、「無添加」の定義って皆さんご存知ですか?

 

「無添加」と聞くと、

 

何となく体に良さそう、

 

肌への害が少なそう、などなど。

 

なんとなく漠然とした " 肌に良さそう "というイメージを持っているだけの方が多いのではないでしょうか。

 

 

 

「無添加」の本当の定義

無添加化粧品,無添加,化粧品,定義,意味

 

実はこの「無添加」、

 

1つでも何かの成分を配合していなければ、無添加化粧品、と記載することができる

 

のです。

 

例えば、合成界面活性剤や合成ポリマー、防腐剤など多くの毒性成分を配合した化粧品があったとしましょう。

 

この商品は唯一、着色料を使用していません。

 

すると、この商品は大々的に、「無添加化粧品」と記載できてしまうのです。

 

 

つまり、「無添加」という言葉の定義は、あってないようなもの。

 

言葉のマジックです。

 

ここ最近で流行っている「オーガニック」も同様。

 

全成分のうち、たった一つ有機栽培由来の成分を配合していれば、パッケージに「オーガニック」と記載できるのです。

 

 

「無添加」「オーガニック」という言葉に踊らされず、きちんと中身を見極める必要がある世の中なのです。

 

 

 

果たしてどんなものが ”良い” 化粧品なのか

無添加化粧品,無添加,化粧品,定義,意味

 

それでは、皆さんが求める ”良い” 化粧品とは、一体どんなものなのでしょう。

 

 

肌への刺激が少なく安全なものを。

 

肌トラブルのない、キレイな肌に。

 

そんな想いから無添加化粧品を選んでいたことでしょう。

 

でも、上でもお伝えしたように、「無添加」とは名ばかりな現実。

 

 

では、どうやって ”良い” 理想の化粧品を探せば良いのか。

 

それこそが、このサイトの役割です。

 

”良い” 理想の化粧品は、

 

肌への刺激が少なく、バリア機能を破壊しない商品

 

です。

 

肌本来の力を高めることこそが、一番の美肌への近道です。

 

 

このサイトでは、無添加の定義を

 

肌への刺激が少なく、バリア機能を破壊しない商品」とし、

 

独自の基準で厳正に判定しています。

 

根拠のない評価やランキングは一切ありません。

 

【次】Aすべての肌トラブルの根本原因とは

 

 


無添加化粧品 | 毒性判定結果

 

クレンジング部門

クレンジングのイラスト 

ボタン04

ボタン05

 

洗顔部門

石けんのイラスト 

ボタン04

ボタン05

化粧水部門

化粧水のイラスト 

ボタン04

ボタン05

 

保湿部門

保湿クリームのイラスト 

ボタン04

ボタン05

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページ 毒性判定の方法 毒性判定結果 毒性成分について 管理人の美肌塾