無添加化粧品 毒性判定サイト

B紫外線吸収剤 | 無添加化粧品 毒性判定サイト

B紫外線吸収剤

 

紫外線吸収剤,日焼け止め,毒性

 

その名の通り、日焼け止めに配合されている「紫外線吸収剤」。

 

最近では、日焼け止めのパッケージに「紫外線吸収剤不使用」の文字をよく見かけるようになりました。

 

しかし、SPF50などのレジャー用の日焼け止めには、まだまだ多く紫外線吸収剤が使用されています。

 

紫外線吸収剤のしくみは、紫外線を吸収して熱エネルギーに変換し、放出することで紫外線を跳ね返します。

 

 

この時、肌表面で化学反応が起きているのですが、

 

この化学反応自体が肌へ悪影響を及ぼしたり、また化学反応によってできた別の物質が肌へ刺激を与えたりするのです。

 

 

なお、紫外線吸収剤と同じ作用を持つ成分に、「紫外線散乱剤」があります。

 

紫外線散乱剤は紫外線吸収剤に比べると汗に弱く白浮きしやすいデメリットはありますが、安全性が高く肌への負担が少ない成分です。

 

日焼け止め選びの際には、紫外線吸収剤ではなく、紫外線散乱剤を使用しているものが良いでしょう。

 

種類 主な成分名

紫外線吸収剤

・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

 

・オキシベンゾン−3

 

・t−ブチルメトキシジベンゾイルメタン

 

・ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル

紫外線散乱剤

・酸化チタン

 

・酸化亜鉛

 

【次】C酸化防止剤、殺菌防腐剤について

 

 


 

無添加化粧品 | 毒性判定結果


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページ 毒性判定の方法 毒性判定結果 毒性成分について 管理人の美肌塾