無添加化粧品 毒性判定サイト

@合成界面活性剤 | 無添加化粧品 毒性判定サイト

@合成界面活性剤

 

合成界面活性剤,化粧品,毒性

 

合成界面活性剤」という言葉は、最近では当たり前のように知られるようになりましたね。

 

でもその作用の恐ろしさについて、詳しくない方も多いのでは?

 

まず、「合成界面活性剤」の役割は、

 

本来混ざり合わない水と油を混ざり合わせ、洗浄すること。

 

洗剤を始め、クレンジングや洗顔、化粧品など日常的に使うものの多くに配合されています。

 

 

 

では、なぜこの合成界面活性剤が毒性の対象となっているのか?

 

まず、

 

合成界面活性剤の洗浄力を示すものとして、こんな実験があります。

 

 

多量の合成界面活性剤が配合された洗剤にミミズを入れると、溶けてオレンジの液体になるそうです。

 

つまり、「タンパク質を溶かす」ということです。

 

 

そして、この合成界面活性剤、何が厄介かと言うと。

 

肌に残留し続け、その洗浄力を発揮しバリア機能を破壊し続けるんです。

 

 

 

あなたが毎日使用しているクレンジングや洗顔料にも、合成界面活性剤が多く使用されています。

 

また、化粧水や保湿クリーム、メイキャップ用品にも合成界面活性剤は使われているんです。

 

 

そんな化粧品を毎日使用していたら、どうなるでしょうか?

 

 

本来肌を守るために分泌される皮脂を根こそぎ洗い流した上

 

皮膚までもどんどん溶かされ薄くなりバリア機能も破壊され、常に水分が蒸発する状態に

 

 

そして、洗顔後すぐに保湿しなければカピカピになる「年中乾燥肌」が出来上がるのです。

 

 

 

バリア機能が破壊された肌は、外からの刺激をまともに受けてしまうためアレルギー反応を起こしやすく、

 

俗に言う「敏感肌」になります。

 

  • どんな化粧品を使っても肌に合わない、
  • すぐに肌荒れを起こす、
  • アトピーが治らない、
  • 温まるとすぐに痒くなる、

 

こんな症状は、合成界面活性剤によって肌のバリア機能を破壊されたことが原因だったのです。

 

 

 

ここで、一つ抑えておきたいポイントがあります。

 

 

最近よく見かけるのが、天然・植物由来の合成界面活性剤。

 

一見石油由来などと違って、肌に良さそうなイメージを与えますが、肌への残留や洗浄力については同じこと。

 

天然であろうが合成であろうが関係ありません。

 

 

界面活性剤の中で安全なものを挙げるならば、「石けん」です。

 

もちろん、洗浄力(脱脂力)については合成界面活性剤と同じく懸念する部分もありますが、

 

肌に残留せず、バリア機能を破壊しない。

 

この点で安全なのです。

 

【次】A合成ポリマーについて

 

 


 

無添加化粧品 | 毒性判定結果


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページ 毒性判定の方法 毒性判定結果 毒性成分について 管理人の美肌塾