無添加化粧品 毒性判定サイト

Aすべての肌トラブルの根本原因とは | 無添加化粧品 毒性判定サイト

Aすべての肌トラブルの根本原因とは

肌トラブル,肌荒れ,原因

 

吹き出物やパックリ毛穴、増えるしみ、しわ・・

 

一見それぞれ違った肌トラブルの原因がありそうですが、

 

実は。

 

すべての肌トラブルには、共通する原因があったのです。

 

 

あなたが毎日使っている基礎化粧品。

 

肌に良かれと思って使っていますよね。

 

 

でも、その化粧品たちによって毎日肌のバリア機能が破壊されているって知っていましたか?

 

 

例えば、クレンジングや洗顔、保湿クリーム。

 

これら基礎化粧品には、肌のバリア機能を破壊する「合成界面活性剤と合成ポリマー」が必ずと言って良い程配合されています。

 

 

 

皮膚を溶かす?!合成界面活性剤

肌トラブル,肌荒れ,原因

 

合成界面活性剤」という言葉は、最近では当たり前のように知られるようになりましたね。

 

でも、その作用の恐ろしさについては、あまり詳しくない方も多いのでは?

 

まず、「界面活性剤」とは、本来混ざり合わない水と油を混ざり合わせ、洗浄力を持つ成分のこと。

 

 

頭に「合成」とつくのは、天然のものと、化学的に合成するものと2種類あるからです。

 

ただし、天然であろうと合成であろうと洗浄力の強さには変わりありません。

 

 

合成界面活性剤の恐ろしさを示すものとして、こんな実験があります。

 

多量の合成界面活性剤が配合された洗剤にミミズを入れると、溶けてオレンジの液体になるそうです。

 

 

つまり、「タンパク質(=肌)を溶かす」ということです。

 

 

あなたが毎日使用している、クレンジングや洗顔料。

 

合成界面活性剤が多く使用されています。

 

そんな化粧品を毎日使用していたら、どうなるでしょうか?

 

 

本来肌を守るために分泌される皮脂を根こそぎ洗い流した上、

 

皮膚までもどんどん溶かされ薄くなり、バリア機能も破壊され、

 

常に水分が蒸発する状態に。

 

そして、洗顔後すぐに保湿しなければカピカピになる「年中乾燥肌」が出来上がるのです。

 

 

 

溶かした皮膚にはビニールのフタ!合成ポリマー

肌トラブル,肌荒れ,原因

 

合成界面活性剤とコンビで使われることの多い成分、それが「合成ポリマー」です。

 

合成ポリマーは、化粧水や保湿クリーム、メイキャップ用品に多く使用されていますが、

 

イメージで言うと、薄いビニールのようなものです。

 

つまり、ニセの皮膚の膜を作る役割を担っているのです。

 

 

入念にクレンジング→洗顔をした後、オールインワンジェルをつけると・・

 

肌がピーン!ツルツルに♪

 

このカラクリこそが、合成界面活性剤と合成ポリマーなのです。

 

合成界面活性剤の洗浄力で皮膚を溶かし、合成ポリマーでビニールのフタをする。

 

見た目はピーンと張ってツルツルですが、所詮は偽物。

 

 

時間が経過するにつれて偽物の皮膚は剥がれ落ち、角質層の水分はダダ漏れ状態。

 

皮膚は乾燥から肌を守ろうと、油分が多く分泌され、乾燥しているのにオイリー肌…

 

なんてことになるのです。

 

夜寝る前はツルツルだったのに、朝になるとギトギト…

 

なんてことになっていませんか?

 

化粧品によって日々皮膚のバリア機能を破壊されていると、あらゆる肌トラブルの引き金になっていきます。

 

このサイトで、合成界面活性剤と合成ポリマーの毒性を強く判定しているのにはこのような理由があったのです。

 

【次】B毒性判定の方法

 

 


無添加化粧品 | 毒性判定結果

 

クレンジング部門

クレンジングのイラスト 

ボタン04

ボタン05

 

洗顔部門

石けんのイラスト 

ボタン04

ボタン05

化粧水部門

化粧水のイラスト 

ボタン04

ボタン05

 

保湿部門

保湿クリームのイラスト 

ボタン04

ボタン05

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページ 毒性判定の方法 毒性判定結果 毒性成分について 管理人の美肌塾