無添加化粧品 毒性判定サイト

C酸化防止剤、殺菌防腐剤 | 無添加化粧品 毒性判定サイト

C酸化防止剤、殺菌防腐剤

 

酸化防止剤,防腐剤,化粧品,毒性

 

皆さん、化粧品の消費期限ってご存知ですか?

 

市販されている化粧品の多くが、消費期限の記載のないものだと思います。

 

実は、消費期限の記載がない化粧品は、「未開封で3年以上、開封しておよそ1年」は品質が変わらないようになっているのです。

 

(※3年未満で品質が変わるものは消費期限の明記が法律で定められています)

 

つまり、酸化防止剤殺菌防腐剤を配合することで、長期間商品の劣化や腐敗を防いでいるのです。

 

 

ところが、この酸化防止剤や殺菌防腐剤。

 

発がん性の疑いがある成分だったり、アレルギー反応を引き起こす恐れがあったりするのです。

 

では、なぜ毒性が懸念される成分を配合しなければならないのでしょうか?

 

 

それは、ずばり生産コストを抑えるためです。

 

 

メーカーは一度に大量に商品を生産することで、1個あたりの値段を抑えることができます。

 

そして、倉庫に常温で長期間保管しても腐らないように、これらの成分を配合するのです。

 

 

無添加化粧品の多くは、「消費期限の記載がない=酸化防止剤や防腐剤を一定量使用している」ものがほとんどです。

 

しかし、中には最低限の防腐剤のみで消費期限を記載しているメーカーもあります。

 

無添加化粧品選びの際には、この「消費期限」も選択の基準の一つとして覚えておくと良いですね。

 

消費期限の記載なし 未開封で3年以上、開封しておよそ1年品質保持 酸化防止剤や防腐剤を一定量使用
消費期限の記載あり 未開封で3年以内に成分が変質する恐れ 防腐剤無添加、もしくは最低限の添加

 

【次】Dタール色素、香料について

 

 

 


 

無添加化粧品 | 毒性判定結果


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページ 毒性判定の方法 毒性判定結果 毒性成分について 管理人の美肌塾